This site has limited support for your browser. We recommend switching to Edge, Chrome, Safari, or Firefox.

【夏季休業のお知らせ】 view more

オリンピックキャンペーン開催中 view more

【配送に関するお知らせ】 view more

パスワード再設定について view more

ステップリピート壁紙の計算方法

ステップリピート壁紙の計算方法

STEP 1. (壁の横幅330cm) ÷ (壁紙の巾53cm) で必要な壁紙の巾数を出す

例:(壁の横幅330cm) ÷ (壁紙の巾53cm) = 6.22…
⇒小数点繰り上げ
=7巾

STEP 2. 1巾で必要な長さを出す

(天井高240cm) ÷ (柄リピート64cm) = 3.75なので、1巾あたり柄リピート4回転

(天井高240cm) ÷ (柄リピート64cm) = 3.75
(柄リピート64cm) × (1-0.75) = 16cm

16cmはステップリピート幅である32cmよりも小さいのでこの場合は32cm足します。
ですので、今回1巾で必要な長さは
(柄リピート64cm) × (リピート回転数4) + (上記の計算の32cm) = 288cm


※余剰分が少なく、ステップリピート分を足さなかった場合、柄合わせができなくなります。

(柄リピート×リピート回転数)+下記の計算でステップリピート分足すかどうか判断
天井高÷柄リピート=X.YZ
柄リピート×(1−0.YZ)=余剰分が
1.柄のステップリピートより少ない場合ステップリピート分を足す
2.柄のステップリピートより多い場合ステップリピート分を足さない

 

STEP 3. 2.で出た必要な長さを例の壁紙から何巾とれるか計算


1ロールの長さが10mなので
10m ÷ 2.88m = 3.47… ➡ 1ロールあたり3巾とれる計算になります。

今回7巾必要なので、
2ロール(6巾) + 288cm(1巾) ⇒ 3ロール

以上の計算から3ロール必要。ただし、3ロール目は約7m余ることになります。

※施工高 < デザインリピート×1.5の場合、施工高との相性によっては必要ロール数が過剰に算出される場合があります。