自由に、ハッピーに!Lisa Bengtsson

CREATOR

 

スウェーデン、フィンランド、ノルウェー、デンマーク…
『北欧デザイン』 ⎯⎯ 聞き慣れたワードかもしれません。皆さんはどんなデザインを思い浮かべますか?
本日ご紹介するスウェーデン発のブランドは、皆さんの想像を気持ちよく超えることになるでしょう。
ノルディック、スカンジナビアデザインと言われる一般的なイメージを覆してみませんか?

 

1981年、スウェーデン南部の小さな町に生まれたLisa Bengtsson。小さな頃からクリエイティブなことに興味を持ち、色や形、パターンを通じ表現手段を身につけていったLisa。デザインとは、周りに気持ちや感情を伝えることであり、自分の創造力で気持ちを伝えることができると気づいた日、デザイナーになると決意したと言います。
新聞社や広告代理店で経験を積んだ後、Berghs School of Communicationでグラフィックデザインを学びました。卒業制作で発表した「Familjen」が話題になり、2007年Studio Lisa Bengtssonを設立、瞬く間にその名を轟かせるようになります。

 

彼女の飛躍のきっかけになった壁紙「Familjen」。

Familjen

Familjenとは日本語で「家族」の意味。壁紙は暮らしを物語るという彼女。古い家に行って壁紙を剥がしていくと、時代やどんな暮らしが営まれていたのか見えてくると言います。楽しかったあの頃に戻ることは決してできないけれど、大切にしたい、覚えておきたいたいこと。数々の思い出がなくなることはありません。Lisaは額縁をデザインすることでそんなことを教えてくれます。

 

いくつか、Studio Lisa Bengtssonのデザインをご紹介します!

Tillsammans Blue 0117

自身の子供たちのためにデザインしたというTillsammans(=togetherの意)。一見、同じように見える12人(?犬?)のダックスフント。よく見てみるとそれぞれキャラクターが異なります。同じように見えてもそれぞれには個性があり、そのルーツに敬意を払い尊重しようというLisaからのメッセージではないでしょうか。

 

 

Coco Tiger Pink 0111

動物や自然が描くパターンに魅了され続けてきたLisa。それぞれのトラの口から下がる豪華で贅沢なジュエリーやタッセル。野生のエネルギーとラグジュアリーさを融合させ、ファッションのエッセンスを加えることでエレガントでありながらエキサイティングに仕上げました。女性に人気が出るのも納得のデザインです。

 

 

Boudoir 0126

ふっくらとした瑞々しい果実とフラワーブーケ。素敵で、生命力があって、成熟しています。いつしか、熟しきった果実は落ち、咲き誇った花は枯れてしまう。すべての生き物は同じ道を辿りますが、こちらのデザインにはもうひとつのモチーフ、ハエが描かれています。それは、「自由に飛び回るハエのように、恐れずに人生を楽しんで欲しい。」というメタファーです。大切なのは味わい尽くすこと!

 

 

SIR GRACE YELLOW 1193

『闘う準備はできている。』馬に跨がり威厳に満ちた女性像が見えますか?傍らには百獣の王、ライオンがパワーを送り鼓舞しています。自分にとって特別な何か。人生の門出、青いボルボに乗る古い友人、ロマン主義などからインスパイアーされSir Graceは生まれました。このデザインは、あなたをあたたかく包み、背中をそっと押してくれるでしょう。

 

 

 

2020年に発表されたStudio Lisa BengtssonのNew Collection「5:6」。5つのデザインで構成されています。
2019年は波乱万丈だったというLisa。
そのすべてを受け入れ、インスピレーションの源となり全く新しいものを生み出すことにつながったと言います。

 

SNAKE PEEK RED 1311
決して頭の見えない、迷路のように曲がりくねる蛇。

 

STRIPE FORWARD 1316
ただ伝統的なだけじゃない、色遣いにこだわりが伺えるストライプ。

 

THIS IS IT GREEN 1315
レオパードを愛し、研究を重ねたLisaが贈る究極の豹柄、その名も「THIS IS IT」。

 

ROCK ON 1317
まるで空を舞っているようなエイたち。自由に楽しく過ごそう。

 

HAKAN 1318
壁紙プリンターの魔術師にちなんでデザイン名がつけられたこちら。海草の間を本当に泳いでいるような奥行き感。

 

5つのデザインはそれぞれ独立しているようにのように見えるけれど、同じグループのコレクションのようなもの。異なる柄をミックスすることをLisaは提案しています。全く違うデザインがハーモニーを生み、素晴らしい体験ができるでしょう。「ヒョウ×ヘビ」だったり、ストライプは他のデザインを引き立てたり。新しいことにトライするのをためらわないで。6つ目のデザインは、あなたがつくり出すのかもしれません。

 

「北欧デザイン」の概念を覆すStudio Lisa Bengtssonの壁紙たち。お気に入りは見つかったでしょうか。全てのデザインはこちらからご覧いただけます。
かわいいだけじゃない、パワーある物語を秘めたLisaの壁紙。お部屋に広げて、めいいっぱい、幸せになりましょう!